コンサルタント紹介

松浪 辰也

Tatsuya Matsunami

登録番号 403436

主な業務分野
主な業務テーマ
資格・登録等
  • 中小企業診断士
  • 日商簿記1級
  • AFP
  • 2級FP技能士

お問い合わせ

「観光で攻めて財務を守る」経営コンサルタント

【経歴】
1998年 立命館大学経営学部経営学科卒業
(※1998年・1999年公認会計士短答式試験合格)
2000年 パナソニック系列の企業で管理部門(経理・人事・総務)責任者
2006年 中小企業診断士登録
2007年 京セラ系列のコンサルティング会社入社
2010年 松浪アドバイザリーサービス開業(現任)
2011年 中小機構 地域産業資源活用事業チーフアドバイザー(現任)
2016年 経営革新等支援機関認定

【当方の専門分野・活用用途】
・経営、財務全般に関する相談、顧問
・旅行業に関する相談
・インバウンド対応(多言語ホームページ作成等)の相談
・着地型観光商品(農業体験・産業観光等)開発の相談
・中小企業支援施策(各種補助金等)活用の相談
・地域産業資源活用事業計画の相談
・事業再生、経営改善、資金調達の相談

主な実績

  • 宿泊業 地域資源活用事業の計画策定支援
  • 製造業 地域資源活用事業の計画策定支援(4件)
  • サービス業 地域資源活用事業の計画策定支援
  • 卸売業、小売業 診断報告書作成(実務補習指導員)(2件)
  • 飲食商店街    組合等事業向上支援(理念・中期計画策定)
  • 旅行業協同組合 組合等事業向上支援(理念・中期計画策定)
  • 士業に対するサポート、アドバイザリー業務
  • 宿泊業(ホテル) 弁護士・税理士と連携した事業再生支援
  • 葬儀サービス業  経営改善計画策定支援
  • 製造業 生産性向上計画策定支援

研修・セミナー・執筆等

年月 開催場所 テーマ・タイトル・書籍名など
2016年 2月・5月・9月、2017年1月・5月、2018年1月 企業主催 講師:訪日外国人観光客をおもてなしするには?
2016年2月 京都産業21 講師:訪日外国人観光客をおもてなしするには?
2015年12月 京都商工会議所 講師:外国人観光客の動向と受け入れ体制づくり
2015年9月 ギャラクシーブックス 執筆:簿記から楽しく始める「会計・経営」入門
2015年8月・9月・11月 大阪府中小企業診断協会 講師:観光資源を活用した新商品・サービスの開発支援
2015年7月 大阪商工会議所 講師:中国人観光客爆買い対策はこれだ!
2015年4月 同友館 執筆(共著):観光ビジネス未来白書2015年版
2014年10月 宇治商工会議所 外国人観光客の受入体制構築ノウハウについて
2014年9月 大阪商工会議所 外国人観光客を呼び込む店舗戦略・接客術
2014年5月 近代セールス社 執筆:創業後のモニタリングと事業計画見直しのポイント

プロフィール

1998 立命館大学 経営学部 経営学科 卒業
1998~1999 公認会計士試験受験(1998・1999 短答式合格)
2000 会計事務所勤務(税理士補助業務)
2000 パナソニック系CATV会社 経理・人事・総務担当
2006 中小企業診断士 登録
2007 京セラ系コンサル会社 管理会計・人事制度構築支援
2010 松浪アドバイザリーサービス開業
2011 (独)中小機構近畿(地域資源活用・財務)専門家
2015 外国人観光客受入(インバウンド)支援事業開始

機関、団体名

  • 大阪府中小企業診断協会
  • (独)中小企業基盤整備機構
  • 大阪商工会議所
  • 京都産業21
  • ひょうご産業活性化センター
  • 神戸市産業振興財団

診断士情報

屋号または法人名 松浪アドバイザリーサービス
事務所住所 京都府長岡京市神足3-13-19サンプラザ神足311
事務所電話番号 075-954-4561
HPアドレス http://advisory-s.com/
FACEBOOK URL https://www.facebook.com/matsunami.advisory/
Twitter URL https://twitter.com/

コンサルタントを探す

貴社が解決したい問題に関わる業種・業態・テーマをクリックしてください。

コンサルタントの名前から探す

CONTACT US

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

お問い合わせに対してコンサルタントがヒアリングに伺います

Tel. 06-6809-5592

受付時間 平日 9:00〜17:00

お問い合わせ

企画募集型セミナー依頼

セミナー企画をお任せできる

企画募集型セミナー依頼

経営コラム

コンサルタントが経営のツボを教える

経営コラム